忍者ブログ

創作小説サイト【C-LOVER】の更新情報及び作品雑記。

   

ご無沙汰しております。
プライベートが立て込んだのもありますがですね……
スランプが来てましたよね。

スランプにも似た
、とかサブタイつけてる場合じゃなかった。本当に。

これは予言成就というやつでしょうか…。
いや、現実にこういう予言成就みたいなのが多くて怖いです。
オカルトなはなしじゃなく。

海聴こ「冷夏」UPしました。
とっても展開が早いですが海聴こは今回でひと段落です。
雨止まが本編…(って言っていいのかすらわからない)のようなものなので、
海聴こはよりポエムチックに、お手軽に、同人的にライトに書かせていただきました。

かれこれ11年前のネタになるのですが、当時からオチだけは変わってません。
省吾には失くし物をした人で居て欲しかったようです。そういうのがすきなのね、自分。
省吾が大学に上がった後、裕が千紘の件で逆恨みに近い感情を抱いていて千紘と似た容姿をいいことに成りすまして云々…という続編を考えていたこともありました。
どう考えてもドロドロドラマです…。

雨止まの方は実は一章分だけ書き溜めてありますが、もう一章分書けるまでは上げられない…!
と思って現在に至ります。
え、えっちいのはいけないと思います><
リアルにこんな感じで書き進められません。妄想は捗るくせにな。

メリークルシミマスも終えて、ここから一気に師走ですね。
今年一年を振り返るだけの余裕が早くできるとよいな、と思う今日この頃です。
どうぞ、ここをご覧になった少数の方々がよいお正月を迎えられますように。

来年はもっと、今よりすてきな文章が書けますように。
人の心を動かせる物語を描ける自分になれますように。そう願いつつ。
PR

長編シリーズ、雨止ま「スランプにも似た、」UPしました。

すっかり夏の気配は過ぎ去り、秋の涼しさですね。
日中は暑いこともあるのですがわたしの地域は朝晩の冷え込みが激しく、
例年だとまだ残暑あるはずなのになあという感じでブランケットを増やしました。

雨止まですが、いつになったら18禁要素が出て来るんでしょう。
もとい、いつになったらヤるシーンが出るんでしょう。
書いてるわたし自身がうーん…と唸る日々です。
読むのは好きなのですが…それとこれとはワケが…。は、恥ずかしいとか今更すぎる。
一応予定としてはあります。脳内ではいつだって押し倒している。どちらがでしょう。笑。

モネの睡蓮と日本橋の絵が好きです。タイトル知らなくて調べたぐらいには無知ですけど。
調べたら高知県にモネの庭の名前を譲り受けたガーデンがあるそうですね。
とても行ってみたい。そう思うや否や、電卓を叩いたのです、が……
移動料金もさることながら移動時間が半端なくかかることが判って水に流しました…。
長野の安曇野、京都の嵯峨野辺りも一度は訪れてみたい場所ですね。
風景画をたしなむ人なら堪らないのだろうなあ。わたしは観る専ですが。

雨止まはゆっくり、季節を後追いしながら進みます。
森宮の卒業まで残り9ヶ月。

長編シリーズ、雨止ま「緑の庭」UPしました。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
猫みたいな性格の子が好きです。堪らなく好きです。愛してます。
猫を擬人化しただけだろ!という感じのキャラクターが書きたくて堪らないのです。
裕にしても千紘にしても猫です。完全に猫です奴等。

二次創作にしても猫っぽいキャラを更に猫に仕上げてました。
泉とか泉とか眉毛とか。

美術をベースにした作品ですが、わたくしLIF、美術はぱーぷりんです。
成績は何故か好かったですが水彩やクロッキーの類が大の苦手でした。
美術部だったくせに…。
ですので、とてもイイカゲンな描写があるかと思われます。描写、むずかしい。

雨止まのプロットは上がっているのでガンガン上げたい。なあ。(空回り)
高橋のヘタレっぷりがまた個人的好みです。好きのオンパレードです。

初の短編、WHITE SUNDAY、UPしました。

部屋を片している時に出てきたノートにあったネタを改変したものです。
元はとある有名野球漫画の二次創作品でした。
元々はその野球漫画とか国際キャラ漫画(モロですね)の二次創作ばかり書いてました。
が、まるで原作に沿ってない完全な想像ネタだろう…というようなのが多かったので、
途中から完全にオリジナルにシフトして今に至ります。
正直なところ、原作に沿った二次創作なんていうのは特にカップリングを扱うのであればあり得ないだろうというのが本音なのですがね。
尚、HNこそ違いますが二次創作のサイトは更新停止掲げたまま今も公開中です。

コミティア109の感想ですが、すごかったです。
イラストや自作アクセサリーが多かった気がしたのですが、小説出している方とかいらっしゃったのでしょうか…。
小説って、特に書き手の文章に好き嫌いが出やすいと思うので、
即売会で売り買いが難しい気がするのです。
大昔に某週間少年雑誌のよろず本を出す時に、参加させていただいて書いたことがあった…り。無報酬で引き受けたので、その後の売れ行き等全く聞くことなく忘れていた。笑。

ええと…作品の後記はないのか!

短編、上げなきゃ、短編、…たんぺんんんん、
となってのた打ち回っているところで出てきたネタノートでした。ありがたかったです。…。
タイトルは同名の古い古い曲から。
海聴こも雨止まも進まない中、そもそも短編ってどこまでが短編…?となってます。
とりあえず、一ページ小説を短編と呼ぶことにした。
内容の話ですか?

ザ・ヤンデレ。

以上。
ネタに窮して書いたとはいえちょっと恥ずかしすぎました。
もうちょっとマシなネタはないのかね、過去のわたし。

海聴こ続編UP。

気づけばまるひと月空いていますね。笑。
前の記事が夏のはじまりに対してこの題目です。
プライベートがいろいろとごちゃごちゃしていたのもありますが、
書くペースが元々遅いのもあります。そこは言い訳しない。

まるで無関係ですが、来る9月1日の東京コミティア109に行ってきます。
同じ創作趣味の方の作品をいろいろ買ってこようと思ってます。
初のデカ舞台なので緊張ひとしおですねえ。

海聴こをモノローグ形式にしてしまったので、終わりが何となく見えなくなって来ました。
が、いつ終わっても問題ないような出来ですね。モノローグだし。
もう少しエピソード添えたいなあ。
しばらく書いていなかったので物語の構成とか作るのが更に下手になってます。
困ったもんだ…。

子ども時代を書くのが好きです。
きっと今でも子ども時代に戻りたいと願うからかもしれません。
ピーターパン症候群。


   
Copyright ©  -- C-LOVER 裏庭 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]