忍者ブログ

創作小説サイト【C-LOVER】の更新情報及び作品雑記。

   

NOOOO!もう7月じゃないですか!!
お久しぶりです、が挨拶になってる気がします。困る。

今回はいざ書いてみたらあれよあれよと長くなってしまったので二段構成です。
長いブランクの後だし、お詫び的な…ことはない。
書いてる内に楽しくなって筆が進むのはいいことだ。本当に。

前回、確かに高橋いぢめがはじまったと書いたはずなのに、何故かそうでもない。
これもあるあるなのか。
だけどまだまだ続く、いぢめパート。
やっとスタートラインに辿り着いたような節はある。
主役が揃いました的な意味で。

もうすぐ、HP開設一年ですね。
きっとこの更新速度だと秒速な感じです。
お祝い企画を考えよう…。


カチコチピタと止まりて針は 追い越す時を待ちて久しい

画像だけはたくさん溜め込んでいる…。
PR

お久しぶりです、ご無沙汰してます。
水面下でいろいろをやっているようでやっていない毎日です。
正直申しまして、仕事が忙しすぎて休日を全力遊びに費やす日々が続いておりました。
ゴールデンウィークが終わる日にそんな報告をしているわたしです。笑。

先日の東京コミティア112へ一般参加してきました。
関係者の方々はお疲れさまでした。とてもよい作品をありがとうございました。
当日会場はものすごい人の数でしたが、それ以上にものすごい数のサークル数に終始マップ見ているくせに目的場所の正反対を歩いている、と言う具合の迷子でした。
基本的に情報収集を積極的にしないわたしですので、ほぼツイッターなどで交流している方のご友人のサークルを中心に周らせていただきました。
とりあえず生、の勢いでとりあえず全部ください。をやりました。笑。

以下長くなったので折ってみる。

・・・NEXT→


わりとお久しぶりです、生きてます。
アイドリングドゥルルン、しております創作ですが、
実際問題私生活が忙しくてあまり時間を割けていないのが第一です。

サイト開設時に登録を出したサーチサイトさまで認証が済んだようですので、
新しくリンク追加させていただきました。
どうぞよろしくお願いします。とってもお世話になります。更新のろいですが。

ヘテロラブ、水紅の原稿がまったく手付かずのまま、アレだけが進んでいる現状。
やっぱりわたしはBL畑の人なのだなあと思わざるを得ない。
ここで零すのもなんですが、水紅のリオたんははじめこそ男のはずでした。
完全なるボーイズラブとして出発した十数年前。何をどうしてヘテロになったのか。
経緯こそ思い出せないですが、今となってはBLには戻せないのも事実。
日の目を浴びさせたい。LIFの中の乙女心が必要な気がします、切実に…。

リアルに高橋に雰囲気が抜群に似ている方と出逢いました。
鼻血を噴きかけたわたし。そのリアル高橋さんのきゅっと締まったちいさなお尻を見て、

高橋はリバだ。リバに違いない。

という謎の確信を得ました。うん、きっとそうに違いない。
ただし、雨止まの彼はリバになる機会はない。残念だ。
…どうやら最近オッサン趣味も出てきたのかな、メンズラブ転向かな、とか思いつつ。
高橋が聞いたらすごく呆れた&軽蔑した目で見られそうです。
でもだって高橋が無理繰りレ(以下割愛)

ある意味平和です、頭の中はいつも。

鼻むぎゅ。果たしてこんないちゃいちゃ劇中で見られるのか、謎すぎる雨止まCP。

しばらく潜ります。
連載中の作品を手元で書き終えるまで、サイトへの更新は予定しておりません。
代わりと言っては何ですが、過去作品のみぽつぽつと上げて行く予定です。
二次作品ですので、ランキングサイトの方には都度の更新インフォは上げません。

もう少し気ままに、人目に影響されることなく自由に綴ろうと思います。

水紅色、オリジナルSSを取り下げもとい、工事中にしてあります。
お手数おかけしますが今しばらくお待ちいただければ幸いです。

憂き心 触れた玻璃の傷跡は 指で拭えず 人に拭えず

春が来る頃にはきっと。

水紅色、「睡蓮の葉巻」UPしました。

その他、NOVEL-Sに大行進、もとい更新アリです。
リンクにも新しくサイト様追加いたしました。お世話になります。

タイトルに意味はないです。
水紅がロッチテイストだから、と更新いっぱいした…ってことで。

コンテンツが増えたことで一気にサイトらしくなったような気がします。
SSは相変わらず書く暇がないですが、長編と言いますか、シリーズものはモチベが高いのだかつらつらと書けているような気がする、このごろであります。
特にアレに対するモチベは半端ないですね。我ながら思う。雨、はじまってます。

何で同性愛に拘るんだろう、って思いましたが、
異性愛は結婚を以ってひとつのゴールになってしまうからかなあと思いました。
関係性のゴール、です。
世間体に見える形でのゴールではあるよなあと。
その点、同性愛だとそんなゴールはない。どこまでも互いへの信頼感といった目に見えないものに頼るしかない。
その曖昧さが不安定に、脆く、はかなく見えてはそこを描きたくなるのかなあ。
そんな妄想をしておりました。いつものことですが。
そんなこと言って……百合を書く日が来るのでしょうか。(いや、来ない)

インセストタブーもすきです。
ごめんなさい。
   
Copyright ©  -- C-LOVER 裏庭 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]