忍者ブログ

創作小説サイト【C-LOVER】の更新情報及び作品雑記。

   

このブログは創作小説サイト、C-LOVERの更新履歴及び後記を配信しています。
(リンク先は18禁表現も含みますのでご注意ください)

創作小説オンリーでBL(ボーイズラブ)を中心に、NL(異性愛)を扱っております。
リンクフリーですのでよろしければバナーをお持ち帰りください。
その他規約注意に至ってはサイトトップに掲示しておりますのでそちらをご一読くださいますようお願いいたします。

以下、サイトの傾向について。

・18禁表現アリと謳っておりますが、18禁表現目当ての方は肩透かしを喰らいます
18禁と呼べる気はしていない現状です。一応章や作品横にアスタリスク*を付けております。
いつか濃い表現が出てきた時に困る&いつか書くかもしれない&書きたいとは思っている目安でつけてあります。紛らわしくて申し訳ない。

・ボーイズラブ8割、ヘテロラブ2割目標
ヘテロラブで長編連載を3作ほど予定しているのですが、基本的に腐った管理人ですので、それ以外ほぼBLになる予定です。

・スマートフォンから見ると見やすいような気がします。
本サイトの文章は全体的にPCよりもスマホの方が文字がギュッ、と詰まった風に感じます。という個人感想です。
 
ランキング参加中。よろしければポチッとお願いします。


PR

お久しぶりです、が挨拶です。LIFです。
書き溜めて置いていたつもりが、その後加筆しかけて置かれていた
花雪-foashue-、第2話「プライベート・アイズ」更新しました。

書いていてニヤ…っとするこのお話。
珍しく王道っぽい雰囲気がある。ふつうの、恋愛モノ。
いい意味でポジティヴな気持ちで書けるので好きです。

ところ、で――

来る9月18日(月祝)、第5回文学フリマ IN 大阪
参加決定しました!

サークル「IRONY WHITE」として参加しますがソロサークルですとも(笑)
前の記事で文芸って打ってる…よくまちがう…。
新刊一冊出します! 約120PのNLファンタジー小説予定です。現在進捗65%。
ジャンル的には姉ショタ…と言っていいのかどうなのか…。
二部作予定ながら一冊読み切り完結出来るようにします! おたのしみに!

初参加なのもあって品数少ないので、ゲストさんの本を置けたら…いいな…。
あと、無料配布本2種類…出せたら…いいな…コピー本…。
そんな感じで準備中です。また場所決まったら告知させていただきます。



案外、しあわせを綴るのは難しくないのかもしれない。
ただ避けてきただけのことで。
カセクシス、その言葉の意味を今更知って、何もかも見透かした上で
あなたは何を思ってわたしと居たのかしら、なんて思うときがある。
おかたづけがおわらないこども。

行ってきましたー、関西コミティア!
記念すべき50回目にして初の参加でした。もちろん一般。
インテックスでやることが結構話題になってたみたいですね。
普段の規模との違いがわからない……。

東京に比べたらずいぶん周りやすく、トイレやコンビニの混雑も比較的緩い感じでした。
人の多さという意味ではこの規模すごくちょうどいい……。
今回もいつもながらに新刊・既刊全部くださいを結構な割合でやった気がする。
二次創作と違って一次創作のイベントは一期一会に自分が触れたことのない未知の作品に触れる機会がとても多い気がする。むしろ、そういう時だからこそ普段自分が触れない世界に触れに行く感じがあります。わたしが変なのかしら。
案外と、イベントではBLジャンルのスペースを覗いていなかったりします。
大概、青年ジャンル・ギャグ・歴史・その他辺りを入念にチェック(笑)。
今回も大量に買わせていただきました。

はじめて、文庫小説を買いました。
短編集ということで、ちょっと読みやすい。
挿絵のない小説ってとっつきにくいかな、と思いながら試しに買ってみたのですが
意外にもその作者さんの作風のおかげか挿絵がなくてもスラスラと読めました。
無理にイラスト入れるぐらいなら、ない方が読み手のイメージに沿っていいのかも知れない。

こんなにも一次創作に熱い人間が居るんだなあって勇気をもらう一方で
独りで活動することの寂しさを思いもする今日この頃。
実は、9月開催の大阪文芸フリマに参加することにしました。
まだ何を出すか決まってません。多分NL本出します。
余裕があったら、「雨が、止まない。」と「雨天決行」の抱き合わせ本を作りたい。
しかし、サークル原稿もあるから推敲すらやる余裕がない現実…。

でもまあ、とりあえず何かを形にはしたいですね。



かねてより、温めておりました紅シリーズ二作目「花雪-foashue-」発表です。
水紅色を待っている方(いらっしゃるのか本当に怪しい)には申し訳ないのですが、エンストもいいところなので代打です。でも、前からちゃんと予定してあった分です…。
水紅色が終わってから、と思っていたので半分ぐらいしか上がってなかったのですが、心苦しくなってもうこちらからでもいいからとにかく更新を!と思い、上げました。
 
実際、紅シリーズの原点がこの花雪にはあります。
本来シリーズ最初作になるはずだったので、…ってどこかで言ったような言ってないような。
長年プロットのまま放置してたといういつものパティーン。

そして、二作目がスタートを切った今言うのかという話ですが、
三作目のプロットがものすごく今アツくてはやく書きたいんです。
もうほんとやばいです、でもこの情熱三作目にこそ相応しい。
……という謎のやる気の下、熱の冷めないうちに花雪・水紅色しっかり完結させて掛かりたいと思います。うん、本当。はやく書きたい。

プライベートは落ち着いたような、落ち着いてないような具合なのですが
ひとまず食うには困らない感じにはなったのであとは気力次第。
癒しが物書きへ戻って来た感じがするので、しっかり更新して行きたいな。

Sims4の起動が二年近く出来ずに困っていたのが、年明けにようやく解決したので時々弄ってます。
Sims3はもはやMODの入れすぎでどれがどこのサイト様のものなのか判別が不能(※管理が悪かった)なので、Sims4で何か上げる際は今度こそちゃんとサイト併記させていただきたいなーと思いつつ。
 
最近BLコンテンツNothing! ですね! どうしたんだろう(笑)。
そしてどんどんライトな文章が書けなくなってることが最近の悩みです。
文体ってすごく読み手にとって大事ですよね。かく言うわたしが、文体の選り好みが激しくてアレな感じです。
もっと、柔らかい文章が書きたい……。

ご無沙汰してます、LIFです。
なかなか更新していなくて自分でもどうかと思ってます。ハイ。
星読みの巫女ばっかり書いてるような感じですが、色んなプロットは練ってます。
水紅色は……すみません、完全にアイドリングからエンストです。
ちょっとこれはしばらく書けなさそうです。
 
星読みの巫女はサークル誌で先発掲載されているのですが、
読者さんからひとつ面白い感想をいただきました。

「ケヴィンもクスハも両方共、親世代よりどこか大人しく普通っぽい性格な気がしました。ファンタジーなのですが、今の日本の現代社会に近い感じがして入りやすいです」
(以上抜粋)

ビシャーと稲妻が走りましたよね。そういう視点があったのか。と。
読者さんの感想はその後今の世代の子は大人しいですね、と続けておられたのですがなるほど、わたしもそういう世代に育った者であることがひとつ、影響しているのかしら。
しかしながら、振り返ると本当に過去作品の中に活発・熱血・天真爛漫キャラが居ない気がする。
わたしの場合、葛藤を描くのが好きなので安直に悩めるキャラクターが書きやすい、というのが表れているような気がします。
活発なキャラクター、ちょっと書きたいですね。

星読みの巫女で活発なキャラクターは後ほど登場することが決まっているのですが、やはりいわゆる王道系の活発キャラクターではないな、と思います。
いつか、悩みなんてなんじゃそら、吹き飛ばす勢いのあるキャラクターを書いてみたいです。
いや、書きましょう、うん。
サークルの参加者さまからいただく感想はいつもすごく染み入ります。
ありがとうございます、とここで言わせていただくのもなんですが…。

【おまけ】
クソ落書き4コマ@星読みの巫女ネタ2篇。


この4コマ描いたの自体は去年なので、今回の件でハッとして思い出しました笑。
これはこれで面白いかも知れないけど……!


ユーリィの話が書きたくてうずうずしている昨今。
ですがその前に花雪やるぞー(何度目かの)。
   
Copyright ©  -- C-LOVER 裏庭 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]